お金を貸した知人の人探し相談・依頼の事例

お金を貸した知人の人探し相談・依頼の事例

このページでは、人探しを興信所に相談・依頼したケースを紹介しています。実際に、どのような問い合わせ先があるのか確認されたい方は、下部の矢印(⇒)から専用ページにリンクしてください。

 

「知人がいないのに気づいたのは最近だった。はじめは引っ越ししたとしか思っていなかったし、転勤や出張でいないだけと思ったが、気になって連絡を取ると携帯や固定電話が通じない。その知人にはお金を100万円もの大金を貸しているのだ。証拠となる借用書もちゃんとある。

 

前の住所や勤務先を探したし、行きそうな場所もいったが見つかる気配がない。自分も仕事をしているのと、逆に他人に怪しまれるような場面もあり、素人個人で探すのではなく、プロである探偵社・興信所を頼ることにした。

 

最近の探偵事務所は結婚調査までやるという。自分の場合は貸した金を返済してもらいたいだけだ。それによると人が生きている以上はどこかに記録を残すという。手がかりになる重要な情報は氏名、性別、書き置きの有無、所持金、持ち出しの内容、住所や電話番号、生年月日、勤務先、出身校、交友関係、親族や、よく行く場所、免許証や銀行からでも人を探す事はできる。豊富な調査実績と明瞭な料金体系、何より無料相談時から一貫した丁寧な対応に依頼すること決めた。」

 

⇒人探し調査依頼・無料相談窓口