人探しfacebook・LINE・SNS・ネット

人探しをfacebookやLINEなどSNS・ネットで行う方法

人探しの方法

急に連絡が取れなくなってしまった、昔の知り合いに会いたい、その理由は様々ですが、人探しをしたい時があります。そんなときまず自力でできる人探しがあります。それはSNSやネットを利用した方法です。こちらではその種類別に特徴と方法・手順をご紹介したいと思います。

 

facebookを使った人探し

フェイスブックは実名登録制となっており、その他個人情報も登録の際に必要になります。その為、探している人がフェイスブックに登録していると、名前さえ分かれば検索することができます。

 

登録実名の字体は決まっていませんので、漢字検索、ひらがな検索、ローマ字検索の全てを行う必要があります。その場合同姓同名も多々出現してきますので、年齢や出身地、現在の住所などその他の個人情報で絞り込んでいきます。

 

しかし最近ではセキュリティの強化で公開範囲や公開情報を制限している人が多数いますし、実名登録制となっていますが、そうしていない人もいます。名前以外の登録情報も本当の内容ではない場合もあります。

 

フェイスブックの特徴は探している人が見つけられたら、友達でなくてもメッセージを送ることが可能です。友達申請などを省いて、伝えたい内容を伝えられることはフェイスブックでの人探しのメリットといえます。

 

またフェイスブックでは投稿した記事を「シェア」することができ、そうすると記事が友達の友達へ、そのさらに友達へと拡散していく機能があります。そのため「人探しをしています」という内容の記事を書き、「拡散希望」と付け足しておけば、その記事が拡散し、探している人が見つかるといったケースもあります。

 

lineでの人探し

lineは携帯電話のアドレス帳に登録されている番号から友達を追加して、メッセージや通話ができるアプリです。そのため人探しをする場合はその人の携帯電話番号が必要になります。

 

またこちらは相手の番号を知らなくても、相手がこちらの番号を知っていると「知り合いかも」という欄に出てきます。

 

こちらも相手もお互い電話番号を知らないときは、lineの知り合いでグループ作成をして「人探しに協力してください」という趣旨のグループを作ってしまうことも得策です。

 

必ずしも全員が参加し、協力してくれないかもしれませんが、数多くの人に「人探しをしている」旨が伝わり、その人が見つかる確率は何倍にも増えます。

 

その他のsnsでの人探し

その他のsnsで代表的なものはtwitterです。140文字以内で手軽に書き込めることがtwitterの特徴です。

 

もう一つtwitterには特徴的な性質があり、それが「リツイート」です。これは文頭に引用を意味するRTという2文字を書き、その後半角スペースを設けて、引用したいツィートを書いた人のアカウントを「@ユーザー名」と書き、その次に引用したい文をコピペする手順です。

 

リツイートするとフォローしてくれている人全員のタイムラインに出てきます。つまり「人探しをしています」と書き、「拡散希望」と付け足すとリツイートしてくれ、その後フォローしてくれている人からどんどんと広がっていくのです。

 

ネットでの人探し

ネットで人探しと検索すると「人探しの掲示板」がいくつか出てきます。現在では人探しでsnsがよく利用されていますが、以前はこの掲示板が一般的でした。しかし現在でもこの掲示板は利用され、特徴としては不特定多数の人が閲覧するので、その分見つかりやすくなるということが挙げられます。

 

また誰でも簡単に無料で始められますので、snsになじみがなく、使ったこともないし、知り合いや友達にも使用している人がいない人にもおすすめの方法です。

 

掲示板に書き込むときには、サイト選びが重要です。アクセス数が多く、利用者が多いサイトを選び、検索機能なども利用して最大限に活用できるようにしましょう。

 

人探し情報を書き込み後に、寄せられた情報をすべて鵜呑みするのではなく、吟味することも大切です。

 

⇒人探し調査の無料相談・見積もり依頼