警察に人探しを依頼しても解決できない理由とは?

警察に人探しを依頼しても解決できない理由とは?

捜索願という言葉は皆さんご存じかと思います。家出人や失踪してしまった人の捜索を警察に届け出る場合に提出するものですが、基本的に警察では事件性のない行方探しについてはあまり調査をしてもらうことはできません。

 

警察は民事不介入なため、お金を貸していた相手がいなくなったですとか、親友だった人を探してほしいなどそういった人探しには協力してもらうことはできません。もちろん未成年者の失踪や事件性のあるケースについては捜査をしてもらうことが可能です。

 

もし自分の依頼したい人探しが、刑事事件に関係のない場合ならば行方調査を行うプロに任せることがベストです。探偵事務所や興信所ならば金銭トラブルが原因であっても、不倫や浮気が原因であっても、成年者の家出や、初恋の人に会いたい、恩師に会いたいなどいろいろな目的を持って依頼をすることが可能です。

 

もちろんケースによっては家出人捜索願を提出することも重要ですが、さらに調査会社を利用することで家出人や失踪者の居場所を特定しやすくなります。過去に出会った人を探したいですとか、幼いころに別れた姉妹、兄弟、親を探したいという方は探偵に頼るしかないでしょう。

 

探偵社ではメールやフリーダイアルから無料で相談することも可能です。自分がすでに持ち合わせている探し人の情報により難易度がことなります。依頼をしようか迷っているという方も一度問い合わせをしてみれば、プロの探偵からアドバイスをもらうことができますよ。

 

⇒人探しで選ばれる探偵・興信所一覧