兄弟の人探し(生き別れ・家出・トラブル)

兄弟の人探し(生き別れ・家出・トラブル等)について

兄弟の人探し

人探しをされている方の中には対象者が兄弟という場合があります。それにはどういったパターンがあるのか、事例と解決策をご紹介しながら説明していきます。

 

幼いころに生き別れた兄弟

両親の離婚などが原因で幼い頃に兄弟と生き別れてしまい、年月が経った今、会ってみたいと考える人がいます。

 

その場合、兄弟を見つける方法は父と連絡をとり、委任状を書いてもらうと、異母兄弟の戸籍を取り寄せる事が出来ます。もしも父が亡くなっていた場合は父の戸籍謄本を取り寄せると異母兄弟も載っています。相続に関することなど正当な理由があれば、所在地を知ることができる場合もあります。

 

家出など連絡が途絶えてしまった場合

ケンカや家族間のトラブル等で連絡が途絶え、その後行方不明になってしまった兄弟を探している人がいます。

 

その場合、人探しサイトや掲示板、snsに書き込んで拡散してもらう等、ネットを使った捜索や知り合いや友達の家に行っていないか等の聞き込み、インターネットカフェなど心当たりのある場所での捜索ができます。

 

長年連絡を取っていない兄弟と連絡を取りたい

兄弟と長年連絡をとっておらず、その兄弟がどこに住んでいるかも分からないことがあります。しかしなんらかの事情(遺産相続など)で連絡をとらなければならないことになったとき、兄弟探しをする人がいます。

 

その場合、住民基本台帳に登録している住所ならば、「戸籍の附票」を取得することによって判明します。「戸籍の附票」とは何かというと、住所の履歴や今までどこに住民票をおいたことがあるかが分かるようになっています。

 

「戸籍の附表」の取得方法は、兄弟の氏名と本籍地が必要になるので、その情報は母親の戸籍からたどっていき、取得する必要があります。

 

兄弟探しを早く解決するには

このように兄弟探しには自力でできる方法もありますが、成功率は決して高くありませんし、時間がかかることがあり、緊急性がある場合には向きません。個人の力にはどうしても限界があるので、興信所や探偵に依頼する方が得策といえます。

 

⇒人探し調査の無料相談・見積もり依頼